@コスメのレビューは化粧品選びには必須です。

以前はデパートなどの化粧品カウンターへ行ってカウンセリングを受けてから購入していました。ひとつのメーカーで基礎化粧品や下地、コンシーラー、ファンデーションなどを一通り購入していましたが、かなりの出費になるので結婚を機にプチプラコスメを購入するようになりました。
プチプラコスメを購入する際は、@コスメのランキングやレビューを参考にしたり、neverまとめで評判のいいアイテムを見つけるなど、口コミを頼りにしました。特に@コスメのレビューは利用者の肌の状態や年代の表示があるので、自分と似た方の評価を参考に購入していました。
大体1000~3000円くらいの商品を使ってみたところ、酷い化粧崩れを起こすことが多々ありました。さらにはこれまで経験したことのないような肌荒れやアレルギー反応を起こしてしまい、結果として、プチプラコスメの安全性に疑問を抱くようになりました。
現在は価格や化粧の仕上がりばかりを重要視せずに、「どの国で作られた製品か」「信頼のおけるメーカーか」などにも注目するようになりました。
化粧品は毎日使うものなので、多少高くても安心して使用できる商品を選んで購入しています。

三年前に脂漏性皮膚炎になってから、オイル、グリセリン、ヒアルロン酸、また粘性の高いテクスチャーのものは全く合わなくなりました。使うと赤くなり、必ず小さいニキビが出来て非常に痒くなります。
そのため、化粧品を選ぶ際は本当に苦労しています。

最近どの商品にもグリセリン、ヒアルロン酸が含まれており、逆にこれらが含まれてない(少ない)化粧品(特に化粧水)を探すのは大変です。ずっとヒアルロン酸ブームでしたが、最近やっとさらさらの化粧水(極水など)が注目されるようになりました。
ドラッグストアなどで購入できるようになって嬉しいですが、まだまだ少ないと感じます。
グリセリンはアクネ菌の餌になるとデータが出ていますし、ヒアルロン酸でニキビが出来る人は口コミ等を見ても結構多いと感じています。
実は保湿剤でニキビが出来てしまってる人も多いのではないでしょか?
菌のバランスを考え、肌の常在菌を大切にするために、アルコールや強い防腐剤も考えものです。
上記の成分が不使用で、且つ無添加、ノンアルコールというと今のところ一社しか私が知ってる製品はありません。現在はその会社の製品をずっとリピートしてます。

化粧品(コスメ)や香水の買取なら「リライフクラブ」が便利です!   リライフクラブ

日本最大のコスメ・美容の総合サイト@cosme(アットコスメ)にようこそ!

化粧品のコーナーで選ぶとこはまず、ほとんどしません

化粧品を選らぶときは、まず自宅でパソコンを使って調べます。
化粧品のコーナーで選ぶとこはまず、ほとんどしません。
ありすぎて迷います、私のような迷い癖のある人は最低でも二時間くらいかけて化粧品を比較しまくっているので時間がかかってしまいます。後悔したくない買い物がしたいので、いつもとっても大変です。
なので、自分が欲しい商品をまず探して、ネット上からその時人気のものをリサーチして、それぞれの商品の口コミを見て選びます。
化粧下地だったりしたら、できるだけ無添加で、外国製ではない日本製のものを探したり、口紅だったら、発色のいい、落ちにくいものをさがしたりしながらいろんなサイトを使って商品情報を見るようにしています。
ついでに新商品をチェックしたりもできるので一石二鳥です。
そのあと、その情報をもとに化粧品売り場に行って、実際にどうか試しながら購入を決めます。

毎回毎回化粧品は、すぐに新しい商品が生まれるので、買ったあとに後悔しないようにと、時間を短縮するための工夫をして化粧品は購入するようにしています。 

私の肌は、乾燥肌でしかも刺激に弱い敏感肌です。

今までに安い商品を使ってかぶれたり、一般的に有名なメーカーの化粧品を使用しても肌が赤く荒れたこともあります。ですから、一度使用して肌に合ったものが見つかると、それを長く使用しています。特に基礎化粧品は重要です。メイク落とし・洗顔料・化粧水・乳液・日焼け止めは敏感乾燥肌用を選び、長年同じものを選び続けています。

美容液は、比較的どのような物でも大丈夫なので、美白効果のあるものを選んでいます。そして化粧品ですが、まずファンデーションはパウダーだと粉浮きしてしまうので、リキッドタイプを選んでいます。その他のチーク、リップ、マスカラ、アイブローなどの化粧品は、店頭で実際に使用してみてから選ぶことが多いです。肌の色や雰囲気に合うかどうか試すことができるかどうかは、重要なポイントです。私が化粧品を選んで購入する場所は、ドラッグストアがほとんどです。なかでもコマーシャルで、自分の好きな女優さんが出て宣伝している化粧品は試してみようという気になります。化粧品選びにコマーシャルが与える影響は大きいように感じます。

ドラッグストア マツモトキヨシ

化粧品を購入する際、化粧品の種類で販売員さんを選びます!

肌の弱い私にとって、化粧品が自分に合うかどうかは大きな問題です。

特に基礎化粧品の「化粧水」「乳液」これは、一番肌に近いので、大きなポイント。

私の場合は、最初に使って違和感があれば、途中から肌が慣れて違和感を感じなくなるとか、大丈夫になることはありません。

最初ピリッと感じたら、次第に肌が赤らんできて熱っぽくなり、洗い流すまで肌は落ち着かないのです。

2度3度使っても、それは同じ。

結局使わなくなってしまった経験が何度もあります。

ですから今は、最初に基礎化粧品に関しては「試供品」を必ず貰って実際使ってから、肌が大丈夫であれば購入ということにしています。

ただし、化粧品店の販売員さんにお願いすれば、どの販売員さんでも試供品をくださる訳では無いのです。

私の今通っている販売店では、部長か販社長からでないとなかなか試供品はもらえません。

ですから、新商品が出て薦められても「試供品を使って自分に合ってるかどうか確認しないと購入できない」と言います。

もちろん試供品が店舗に無い場合もあります。

部長や販社長なら「新商品を使ってみて、肌に合わなかったら返品してください。使い始めたものでも返金します。」と言ってくれますので、この場合は安心して購入できます。

ファンデーションや口紅、マスカラなどは、センスの良い販売員さんと色々と今の流行を聞きながら購入しますが、基礎化粧品は上の人から購入・・これが私の化粧品購入のポイントです。